お知らせ

移動式クレーン構造規格が改正されました

荷重計以外の過負荷防止装置の備え付けを義務化するなど、移動式クレーン構造規格が改正されました。

「移動式クレーン構造規格」(平成7年労働省告示第135号)が改正されましたので、ご留意ください。

 

主な変更内容は以下の4点となります。

  1. つり上げ荷重3t未満の移動式クレーン等の、過負荷防止装置について
  2. 移動式クレーンの設計法について(限界状態設計法の追加)
  3. 前方安定度の計算式について(計算式の変更)
  4. その他(穴あけの方法の性能規定化、最新の日本工業規格への整合化 など)

 

詳細は下記から参照、またはダウンロードして下さい。

PDF(移動式クレーン構造規格が改正されました) PDF(移動式クレーン構造規格が改正されました)