クライミングクレーン組立・解体作業指揮者安全教育

クライミングクレーンの組立・解体の作業を行う場合には、作業指揮者を選任して、その者の指揮の下に作業を実施しなければならず、又当該作業指揮者に対しては、昭和62年12月4日付基発676号通達に示された安全教育実施要領により教育をしなければならないことになっています。

当協会近畿支部では昨年に続いて本年も、本安全教育を下記のとおり実施いたします。

該当の関係事業場におかれましては是非受講されますようご案内申し上げます。

学科
previous arrow
next arrow
講習会場 - 定期自主検査者安全教育、安全衛生教育、作業指揮者安全教育、保守・管理講習会
Slider

 

※定員50名

講習内容時間帯
・クライミングクレーンの組立・解体作業指揮者の職務
・クライミングクレーンの組立・解体作業に関する基礎知識
・油圧式クライミングクレーンの組立作業手順及びクライミング作業手順
・油圧式クライミングクレーンの解体作業手順
・ワイヤロ-プ式、その他のクライミングクレーンの組立作業手順及びクライミング作業手順
・ワイヤロープ式、その他のクライミングクレーンの解体作業手順
9:00~17:00

 

受講料 8,700円
(税込)
テキスト代 2,592円
(税込)
合 計 11,292円
(税込)

※テキストは教育当日、会場「八尾クレーン教習所」でお渡しいたします。

 

申込書に受講料を添えてお申込み下さい。

※定員(50名)になり次第、締め切ります。


  • 下記の講習日程からインターネット予約、申込書のダウンロードが出来ます。
  • 【ご注意下さい】 受付が終了した講習はカレンダーには表示されません。

読み込み中... 読み込み中...

 

(一社)日本クレーン協会 近畿支部長名の修了証を交付します。