積載形トラッククレーン定期自主検査者安全教育

労働安全衛生法第45条には、クレーン等機械設備による災害防止のため、事業者は定期自主検査を実施することが義務付けられています。

当協会ではこの自主検査を的確に行っていただくため、積載形トラッククレーン定期自主検査者安全教育を下記のとおり実施いたします。

積載形トラッククレーンを所有・使用する等関係事業場におかれましては是非受講されますようご案内いたします。

 

学科
previous arrow
next arrow
講習会場 - 定期自主検査者安全教育、安全衛生教育、作業指揮者安全教育、保守・管理講習会
Slider

 

※定員50名

講習内容時間帯
・積載形トラッククレーン定期自主検査の意義
・積載形トラッククレーンの本体構造及びアウトリガーの検査に関する知識
・積載形トラッククレーンのフロントアタッチメントの検査に関する知識
・積載形トラッククレーンの安全装置の検査に関する知識
・積載形トラッククレーンの荷重試験の方法及び各種油圧装置に関する知識
・関係法令及び災害事例
8:15~12:30

 

受講料 6,500円
(税込)
テキスト代 1,500円
(税込)
合 計 8,000円
(税込)

テキストは講習当日、会場「八尾クレーン教習所」でお渡しいたします。

 

申込書に受講料を添えてお申込み下さい。

※定員(50名)になり次第、締め切ります。


  • 下記の講習日程からインターネット予約、申込書のダウンロードが出来ます。
  • 【ご注意下さい】 受付が終了した講習はカレンダーには表示されません。

読み込み中... 読み込み中...

 

(一社)日本クレーン協会 近畿支部長名の修了証を交付します。